東京の神社仏閣巡り

Browsing the 護国寺(文京区) album

東京都文京区大塚五丁目。

「徳川綱吉の母、桂昌院の発願によって天和元年(1681年)に創建された。開山は亮賢。本尊は如意輪観音。江戸三十三箇所観音霊場の第13番札所である。護国寺に隣接し、護国寺と一体のものとして存在した「護持院」(筑波山大御堂の別院)は、新義真言宗僧録であり、新義真言宗で最も格式の高い寺院であった(これについては争論を呼んだ)。護持院は明治時代に護国寺に合併。
近代以降は宮家の墓所(豊島岡墓地)が造られた。これは1873年(明治6年)、明治天皇の皇子の死去を機に護国寺境内の東半分が皇族墓地とされたものである。」(Wikipediaより)
護国寺惣門
護国寺惣門の説明板
惣門から大通りを臨む
DSC02730
DSC02731
弘法大使霊場の石碑
佐賀講
護国寺境内
DSC02735
護国寺境内案内図
DSC02737
境内の神社 富士道
DSC02739
手水舎
唐銅蓮葉形手洗水盤の説明板
DSC02742
DSC02743
DSC02744
六地蔵のまえの猫
猫
Powered by zenphoto